アボカド 植え替え編1

アボカド植え替え1 アボカド栽培

アボカドの植え替えを行いました。

成長を見ながら徐々に鉢を大きくしていきます。

まだ農地が確保できていないので、浜松で露地植えできる品種については

露地植えできるまでは鉢で大きくします。

ハウスが必要な品種も同様ですが、こちらは鉢のまま行くかもしれません。

今日植え替えした品種は、グリーンゴールドとシャーウィル。

共にハワイで人気の品種です。

植え替え手順はこうです。

 1.土をつくる

土配合

 (まぜまぜ) 

  

 2.鉢に底石をいれる

 3.根を崩さないようポットから土ごと取り出す

 4.土を入れて添え木を挿して完成!

ちょっとしたコツがありますが、何度もやっていると分かってきます。

しっかり根が回っていると、土が崩れません。

きらり農園では、ゆす村農園さんの土配合を参考にしつつ、

独自配合で育成していきます。

自然の土に少しでも近づくよう有機物の配合を工夫します。

このあたりは野菜作りのノウハウ応用もありますが、自然に近いほうが長い目で

良いアボカドができるという考えです。

今後みかん作りのノウハウも入れて行きたいと思います。

ではまた。

 

コメント

  1. アボカド より:

    こんばんは(*^^*)
    アボカドはいつ頃できますか?!

    • きらり農園 より:

      ”アボカド様”

      コメントありがとうございます!

      アボカドの果実収穫は、育て方にもよりますが接ぎ木苗でも4年程かかります。(品種により3年~)
       (実生苗(種から育てた木)では5年以上)
      きらり農園では接ぎ木の3年生苗木もありますので、早ければ来年秋から収穫できる見込みです。

      育成過程は随時発信していきますので、たまに見て頂ければ幸いです。
      よろしくお願いします。

      きらり農園

タイトルとURLをコピーしました